結婚式の招待状への返事の書き方と文例から適切な返信時期について


結婚式の招待状が届いたけどどのように返信したらいいのか分からない。

とりあえず後で返事しようって後回しにしてしまう。

みたいなことありませんか?

ただ、招待状の返信には適切なマナーや適切な返信時期がありますので、これを見て学習していきましょう。

スポンサーリンク
  

結婚式の招待状への返事の書き方

結婚式の招待状が届いたら返信用はがきが同封されていると思いますが、書き方に自信がない方のために「表面の書き方」「出席する場合の裏面の書き方」「欠席する場合の裏面の書き方」について例を挙げて説明していきますね。

表面の書き方例

表面は簡単で、「行」を2本線で消して「様」に書き直すだけで良いです。

出席する場合の裏面の書き方例

①「出席」の文字を〇で囲みます。この時、「御」も一緒に囲んでしまわないように気を付けましょう。
②「御出席」の「御」、「御欠席」、「御住所」の「御」、「御芳名」の「芳名」は受け取った方に対しての敬語なので、返信の際には2本線で消しましょう。また、2本線で消す代わりに「寿」という漢字を使って消しても大丈夫です。
③住所と名前を記入します。
④余った欄にお祝いのメッセージを添えるとより気持ちのこもった返事にすることができます。
⑤〇をつけた「出席」の右上に「喜んで」と書いても良いでしょう。
句読点には「切れる」という意味があるので、使用しないようにしましょう。尚、勢いで書いてしまった場合には、修正液で消したり、2本線で消したりすると不自然な修正跡が残るので、そのままにしておきましょう。
ただし、どうしても気になるという方は「。」の上に「|」を付け加えてビックリマークにしたり、シールなどを貼って隠すという方法もあります。

欠席する場合の裏面の書き方例

①「欠席」の文字を〇で囲みます。この時、「御」も一緒に囲んでしまわないように気を付けましょう。
②「御出席」、「御欠席」の「御」、「御住所」の「御」、「御芳名」の「芳名」は出席するときと同様に、返信の際には2本線で消しましょう。また、2本線で消す代わりに「寿」という漢字を使って消しても大丈夫です。
③住所と名前を記入します。
④余った欄に欠席理由や出席したいのだけれどやむを得ず欠席しないという気持ちを書き添えましょう。但し、欠席理由が身内の不幸や他の結婚式と重なったなどの場合にはお祝いの場に水を差してしまうので、あえてぼかした表現にするよう気を付けましょう。

スポンサーリンク

結婚式の招待状への返事の文例

招待してくれた新郎新婦との関係によって返事は使い分けましょう。
基本的には敬語を使うのがベストですが、先輩やお世話になった方への返事であれば丁寧な言葉を選び、親しい友人であれば関係性によりますが敬語でなくても良いでしょう。
いくつかのパターンをご紹介するので参考にしてください。

出席する場合の文例


ご結婚おめでとうございます
〇〇さんの花嫁姿(晴れ姿)とても楽しみです

お招きいただきありがとうございます
久しぶりに式で会えることを楽しみにしています

ご結婚おめでとうございます
御自慢の花嫁さんに会えることを楽しみにしています

この度はご結婚おめでとうございます
ご招待いただきましてとてもうれしいです
おふたりのご結婚を心よりお喜び申し上げます

ご結婚おめでとうございます
お招きいただきましてありがとうございます
おふたりの末長い幸せをお祈り申し上げます

ご結婚おめでとう!
式まで忙しいと思うけど体には気を付けてね

結婚おめでとう!
喜んで出席させてもらうね
当日会えるのを楽しみにしてる!

ご結婚おめでとうございます
当日は家族そろって出席させていただきます
身体に気を付けて素敵な家庭を築いてください

欠席する場合の文例


ご結婚おめでとうございます
あいにく子供の入学式と重なってしまったため欠席させていただきます
新生活の門出を心からお喜び申し上げます

お招きいただきありがとうございます
残念ながら海外出張の予定で出席できません
素敵な結婚式になりますようにお祈り申し上げます

ご結婚おめでとうございます
残念ながら出産を控えているため欠席させていただきます
また子どもの顔を見せに会いに行きます

この度はご結婚おめでとうございます
残念ですが当日はどうしても都合がつかず出席できません
おふたりの門出を心よりお喜び申し上げます

お招きいただきありがとうございます
あいにく外せない用事がありまして出席することができません
おふたりの末長い幸せをお祈りしております

この度はご結婚おめでとうございます
残念ながらやむを得ない事情により欠席させていただきます
いつまでも笑顔の絶えない素敵な家庭を築いてください

結婚式の招待状への適切な返信時期

招待状への返信はがきには「〇月〇日までに連絡ください」といったことが書かれていますが、まだ先だから今度で良いやって後回しにしていませんか?

期限はかかれていますが、基本的には『1週間以内』に返事を出すのが良いとされています。

ただし、欠席の場合は逆に1週間ほどあけてから返事を出すようにしましょう。

すぐに返信を出すと最初からする気がなかったと思われてしまう可能性があります。

また、予定がまだ先まで分からなくてはっきりとした返事が出せない場合は電話などでその旨を伝えておくことも大切です。

出席者の結婚式の準備もありますし、ちゃんと送れたのか新郎新婦を不安にさせることにもなりますからね。

当日たくさん祝ってあげることも大切ですが、それまでの返事も新郎新婦のことを思って対応してあげましょう。

結婚式の招待状のまとめ

以上が結婚式の招待状への返事の書き方と適切な返信時期のご紹介になります。

しっかりマナーをご理解いただけたでしょうか?

大切な人の結婚式は当日だけでなく、それまでもお祝いの気持ちを持って対応してあげましょう。

また男性の当日の服装も気になる方は『結婚式での男の服装で他と差をつけるおしゃれとNGポイントや必要な持ち物』『お洒落にきめる結婚式でのポケットチーフの折り方と選び方による印象の違い』も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする