結婚式での男の服装で他と差をつけるおしゃれとNGポイントや必要な持ち物


友人、家族、親戚、会社の同期・先輩等、、さまざまな大切な人との結婚式。

お洒落して、そのうえで押さえるポイントはしっかり押さえて失礼のないようにしたいですよね。

スーツやネクタイ、靴下の色やお洒落なポイントなど男性の服装を紹介してきます。

スポンサーリンク
  

結婚式での男の一般的な服装

結婚式の男性の服装といってもスーツからシャツ、ネクタイ、靴、靴下等、、、いろいろありますよね。

最もフォーマルな形からどこまでは許されるのか等、、もちろん参加する人との立場や結婚式の雰囲気によっても変わってきます。

ただまずは、そんな中からこれだけは押さえておこうっていうポイントを項目ごとにご紹介していきますね。

最もフォーマルな服装

〇スーツ
黒無地のフォーマルスーツ
〇シャツ
無地の白シャツ
〇ネクタイ
無地の白ネクタイ
〇靴下
黒無地で足を組んだ時に肌が見えないくらいの長さのもの
〇靴
ひも付きで足の甲の部分に横線が1本入っているストレートチップ
〇ベルト
黒色の革製でバックルがシンプルなもの
〇ポケットチーフ
白無地を使用したスリーピークス
(参考:お洒落にきめる結婚式でのポケットチーフの折り方と選び方による印象の違い
〇タイピン
装飾のないシンプルなデザインのもの
(必要不可欠ではないが付けておくことをおすすめします。)

スポンサーリンク

結婚式で他に差をつける男のおしゃれとNGポイント

結婚式での最も基本的なスタイルが分かったところで、続いては他の人と差をつけるお洒落のポイントをご紹介していきます。

但し、お洒落をする上で最も気を付けないといけないことはその場に適したスタイルの中でのお洒落ができているということ。

つまり、なんでもありというわけではありません。

披露宴に参加するのではあればフォーマルなスタイルが良いでしょうし、二次会に参加するのであれば多少のカジュアルさを取り入れても問題ないかもしれません。

また、新郎新婦とどのような関係なのか、出席する結婚式はカジュアルさを取り入れても問題ないのかといったことも重要な要素になりますので、ご自身が出席する結婚式に合わせてお洒落してみてください。

〇スーツ

同僚や友人として出席するのであれば、黒でなくても黒に近いダークスーツ(濃紺やダークグレー)でも問題ないと思います。
派手でなければ柄物(ストライプなど)もありでしょう。
最近増えてきているカジュアルウエディングであればネイビーやブラウン、グレーといったお洒落なカラーのスーツやデニムでできているデニムスーツを着こなしている方もいます。
【NGスタイル】
白やシルバーといった新郎の衣装と被るスーツは止めましょう。

〇シャツ

若い方であれば決して無地でなくても、目立たないくらいの柄入りならば問題ないと思います。
式によっては薄い黄色や水色、ピンクといった派手でないパステルカラーもありでしょう。
襟はレギュラーカラーかセミワイドが無難ですが、カジュアルウエディングであればボタンダウンのシャツもお洒落です。
【NGスタイル】
派手な色(黒もNG)や柄、カジュアルすぎるシャツはやめましょう。
また、しっかりアイロンかけされているシャツにしましょう。

〇ネクタイ

お洒落を取り入れやすいアイテムのひとつです。
立場や年齢にもよりますが、少しお洒落を楽しみたいのであれば薄いシルバーやライトグレー、華やかにしたいのであればパステルカラーもおすすめです。
また、派手でなければドットやストライプなどの柄物もお洒落のポイントになります。
二次会であれば蝶ネクタイ、カジュアルウエディングであれば少しせめた柄物でもいいでしょう。
【NGスタイル】
黒や濃紺などの不幸をイメージする色はやめましょう。
また、ゼブラ柄やクロコダイル柄などの殺生をイメージしてしまうものもNGとなります。

〇靴下

黒無地にしておくのが無難です。
その他であれば黒に目立たない柄、スーツと合わせたダークグレーや濃紺まででしょう。
【NGスタイル】
丈が短いスニーカーソックスや白色の靴下はマナー違反となります。

〇靴

同僚や友人として出席するのであれば、プレーントゥでも問題ないと思われます。
また、色もブラウン程度であれば問題ないでしょう。
【NGスタイル】
ローファーやスニーカーなどのカジュアルすぎるものはマナー違反です。
また、ネクタイと同様クロコダイル柄やスエードなどの動物の殺生をイメージするものは止めましょう。

〇ポケットチーフ

ネクタイと同系色のものを選ぶと慣れていない方でもうまく使いこなすことができます。
また、折り方で差をつけたいのであれば『お洒落にきめる結婚式でのポケットチーフの折り方と選び方による印象の違い』を参考にしてみてください。

〇ベスト

ベストを着ることによって上着を脱ぐこともできたり、スタイルが良くなります。
上品なおしゃれさを演出することもできます。
色はスーツと同色か薄いグレーがいいでしょう。

〇その他の小物

ネクタイピンはフォーマルな場であればシンプルなものがベターですが、スーツやネクタイのような決まりはありません。
様々な種類がありますので、人と差をつけるにはおすすめです。
また、さりげなくシャツに付けるカフスボタンやスーツの襟の部分に付けるラペルピンも大人のおしゃれとしておすすめです。

以上が人と差をつけるお洒落ポイントとNGポイントの紹介になります。

繰り返しになりますが、あくまで主役は新郎新婦のお二人であり、参加される方も新郎新婦のご家族や親せき、会社の方々など新郎新婦と繋がりを持った方々です。

ですので、新郎新婦やその他の参加者が不快感を感じないように押さえるポイントはしっかりと押さえておきましょうね。

結婚式での男の必要な持ち物

最後に結婚式に必要な男の持ち物のご紹介です。

全てが必要不可欠なものではありませんが、最低限このくらいは準備しておきましょう。

結婚式に必要な持ち物

・ご祝儀
(袱紗(ふくさ)で包むことをおすすめします。)
・招待状
・財布
・携帯電話
・ハンカチ
・ティッシュ
・デジカメ

女性であればこの他にも化粧品や手鏡なども必要になるため荷物が多くなりますが、男性だとこのくらいで十分だと思います。

このくらいであればスーツにはたくさんポケットがついているため手ぶらでも大丈夫そうですよね。

但し、スーツのシルエットが崩れてしまう方はバックに入れて持っていきましょう。

その場合はコンパクトなセカンドバックがおすすめです。

また、バックを持参するのであれば、ヘアワックスやタブレットなどのエチケットグッズなども入れておくと良いかもしれません。

結婚式での男の服装まとめ

以上が結婚式での男のフォーマルからカジュアルな服装と必要な持ち物のご紹介です。

近年では、形式ばった結婚式ではなく、カジュアルな結婚式も増えてきましたので、シーンに合ったスタイルで、できる男・お洒落な男を演出しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする