2017年の土用の丑の日はいつ?名前の由来とうなぎを食べる理由とは!?


夏になると新聞のチラシやスーパーなどで「土用の丑の日」という言葉をよく目にするようになります。

土用の丑の日といえば『うなぎ』を思い浮かべる人はたくさんいると思いますが、土用の丑の日とはいったいどんな日なのかを知っている人はあまりいないのではないでしょうか?

そこで、

はたして今年2017年の『土用の丑の日』はいつなのか!?
そもそも土用の丑の日とは何ぞや!?
なぜうなぎを食べるんや!?

といった土用の丑の日に関した気になることを見ていきましょう。

スポンサーリンク

2017年の土用の丑の日はいつ?

さてさて2017年の『土用の丑の日』とはいつなのかを説明する前に土用の丑の日って年に1回の年と2回の年があるのをご存知でしたか?

いやむしろ、実は土用の丑の日は年に6回ほどあるんです。

そのうち一般的に土用の丑の日と呼ばれているのは『』の土用の丑の日なので、結果的に年に1回か2回なのですが、

うーん、ちょっとややこしくなってきたね。

というわけでその説明は次の章で詳しく説明するとして、本題の今年の土用の丑の日ですが今年は『2回』あります。

7月25日(火)

8月6日(日)

昨年は1回だったのですが、今年は2回あるため通称『二の丑』と呼ばれています。

今年の土用の丑の日が分かったところで、先ほど有耶無耶にした回数の話が気になってきましたか?

さぁそれでは次の章に参りましょう。

土用の丑の日の名前の由来とは?

お待たせしました、さきほど後回しにした土用の丑の日とはなんぞや!?について説明していきますね。

まず土用とは

立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前の18日間

のことで、四季に合わせて年に計4回あります。

ちょうど季節の変わり目の時期でそれぞれ「春土用」「夏土用」「秋土用」「冬土用」と呼ばれます。

冬土用:1月下旬~2月初旬
春土用:4月下旬~5月初旬
夏土用:7月下旬~8月初旬
秋土用:10月下旬~11月初旬

続いては丑の日について

みなさん『十二支』については知っていますよね?

子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)

年や時間などにも当てはめられて使う時があると思います。

「寅年」や「丑三つ時」など。

それと同じで日にちにも十二支が当てられています。

十二支について詳しく知りたい方は『日本の干支の順番の話と世界の干支や干支で表現さえていたもののご紹介』に干支が生まれた話などをご紹介しています。

では土用の丑の日とは

つまり、土用の期間のうち丑の日に当てはまるときが『土用の丑の日』と呼ばれているんですね。

そのため、厳密には年に6回ほどあるのですが、一般的に”夏”土用の丑の日が『土用の丑の日』と呼ばれています。

また、立春・立夏・立秋・立冬は年によって変わり、日の干支も年によって変わるため、土用の丑の日も毎年変わります。

土用の期間は18日ありますが、

始まりが子だった場合
1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14・15・16・17・18
子・・寅・卯・辰・巳・午・未・申・ 酉・ 戌・ 亥・ 子・・ 寅・ 卯・ 辰・ 巳
始まりが卯だった場合
1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12・13・14・15・16・17・18
卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥・ 子・・ 寅・ 卯・ 辰・ 巳・ 午・ 未・ 申

これが1年に土用の丑の日が1回の時もあれば2回の時もあるというカラクリになります。

スポンサーリンク

土用の丑の日にうなぎを食べる理由とは?

さぁ今年の日にち、土用の丑の日について分かったところで最後になぜうなぎを食べるのかについて説明していきましょう。

土用の丑の日にうなぎを食べるという風習が定着したのは江戸時代のことです。

昔から暑さの厳しい夏の時期には『う』の付く食べ物を食べると良いと言われていました。

うめやうりやうどん等…

そんな中うなぎも「う」が付きますよね。

夏バテにも効果がありそうです。

そんな中でうなぎを食べる風習を定着させたのは諸説ありますが、中でも有名なのは

平賀源内

授業等で習ってあぁなんか聞いたことあるかもって人もいますよね?

江戸時代中期に活躍した方で、医者であり、学者であり、作家であり、発明家であり、画家でありと多彩な才能を持っておられた方です。

有名なものだとエレキテルという静電気をためる装置を再現したことでしょうか。

そんな方がなぜ土用の丑の日にうなぎを食べる風習を作ったかというと、

うなぎは秋から冬にかけてが旬であること、味がこってりしていることなどが原因で夏の時期にはあまり売れませんでした。そこで、困ったうなぎ屋さんが平賀源内に相談したところ、『本日土用の丑の日』という看板を掲げるよう提案します。すると見慣れない言葉に足を止める人が増え、その人たちをうなぎ屋さんが客引きして、その日は大繁盛したそうです。そのことを知った他のうなぎ屋さんも真似するようになり、いつの間にかうなぎを食べる風習が定着していったということです。

なんとなくうなぎを食べていた方もこんな理由があったことが分かると面白いですよね。

土用の丑の日のまとめ

以上が今年2017年の『土用の丑の日』いつなのか、名前の由来、うなぎを食べるようになった理由のご紹介です。

繰り返しになりますが、今年2017年の土用の丑の日は『7/25(火)』と『8/6(日)』の2日間です。

平賀源内が生み出したと言われるうなぎを食べる習慣にあやかって、暑い夏を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする