紫外線が目に当たると日焼けする!?紫外線の目への影響と対策について


暑くなってくるとそれぞれ紫外線対策されていると思いますが、目の紫外線対策もちゃんとできていますか?

え!?
その前に紫外線って何かよく分かってない!?
目の対策の前に肌の対策ですらちゃんとできてない!?

ふむふむ、、そんな方はまずこちらの『曇りの日の方が紫外線が強いのは本当か?時間による量と種類や違い』『日焼止めのSPFとPAの違いと選び方のポイントから正しい使い方まで』を見てもらえればと。

さて、紫外線とは何か、肌の対策はこれで分かった!という方は続いて目からの日焼けや目の紫外線による影響について学習していきましょう。

スポンサーリンク
  

紫外線による目からの日焼け

目からも日焼けするってみなさんご存知でしたか?

肌をばっちり防御しても完璧ではないんです。

肌は紫外線を浴びると防御反応としてメラニンを形成し、肌を黒くします。

マウスを使った実験で目に入った紫外線により脳が肌をガードしようとしてメラニンの生成を促すことが確認されています。

その結果、肌に紫外線があたらなくても肌を黒くするのだとか。

ちょっとメラニンが分からない人のために補足を。
メラニンとはメラニン色素とも呼ばれ、動物の体表に存在する主に黒褐色の色素のこと。人間の髪の毛やほくろの色素でもあり、皮膚が紫外線を吸収すると紫外線が皮膚の奥まで到達するのを防いで守る働きをしている。しかし、紫外線にあたりすぎるとメラニンが過剰に発生し、シミやそばかすの原因になる。

肌の紫外線対策だけでは完璧でないということが分かりましたか?

さらに、目からの紫外線で肌が黒くなるだけではなく、目自身にも悪影響を及ぼすこともありますので、続いては紫外線が目に及ぼす影響を見ていきましょう。

スポンサーリンク

紫外線が目に及ぼす影響

日常生活で多少の紫外線を浴びることは問題ありませんが、長時間強い紫外線を浴びると紫外線によって目に及ぼす影響は様々あります。

一つ一つ紹介していくので、ぜひご参考にしてください。

白内障とは

白内障の約20%は紫外線が原因だと言われています。
紫外線の多くは角膜で吸収されますが、中には角膜を通過し、水晶体で吸収されるものもあります。
そのため、長時間紫外線を浴び続けると水晶体のタンパク質に変化が起こり、水晶体が濁って視力が低下したり、物がぼやけて見えたりして、最悪は失明してしまうこともあります。

角膜炎とは

目に強い日差しを浴びると黒目の表面に傷が付いて炎症が起こり、『紫外線角膜炎』という病気にかかってしまうことがあります。
紫外線角膜炎になると、目の充血や痛み、涙が止まらないなどの症状が出ます。
また、この現象は紫外線の多い季節だけでなく、雪山などの雪からの紫外線の反射が多い場所でも起こる可能性があります。

翼状片(よくじょうへん)とは

翼状片とは、白目の表面を覆っている結核組織が過剰に増殖し、黒目に侵入してくる病気です。
紫外線を長時間浴びることで、白目と黒目の境界が傷付き、その防御反応や修復の過程で起こると言われています。
初期症状では、充血や異物感、ドライアイや眼精疲労などが現れます。
瞳孔近くまで白目が侵入すると視力障害が起こる場合もありますので、気になった方は医師の診断を受けることをおすすめします。

瞼裂斑(けんれつはん)とは

瞼裂斑とは紫外線よりたんぱく質が変化して、白目の一部が変色して盛り上がる病気です。
目の表面は本来、滑らかな状態ですが、瞼裂斑になると、白目の部分が盛り上がり、黄色く濁ります。
翼状片と間違えられやすい病気ですが、見た目が気になる程度で自覚症状がないケースも少なくありません。
しかし、盛り上がりが大きくなってくると、まぶたがこすれて炎症を起こし、翼状片と似た充血や異物感などの症状が現れるようになります。

紫外線から目を守るための対策

紫外線の目からの影響を学んだところで、続いて対策をご紹介していきます。

・サングラスをかける
色の濃いサングラスほど紫外線をカットできると思っている方はいませんか?
実はサングラスの色と紫外線のカット性能には関係ありませんので、紫外線カット機能の付いたサングラスを身につける必要があります。
紫外線カットのサングラスには、『紫外線透過率』が数字で表示されていますが、これはサングラスがどのくらいの紫外線を透過するのかを表しています。
例えば「紫外線透過率1.0%以下」という表示があれば、99%以上の紫外線をカットしてくれるサングラスということです。
但し、中には『紫外線カット率』と表記しているサングラスもありますので、そちらの場合は数値の高い方がより紫外線をカットしてくれるということも頭に入れておきましょう。

・UVカット眼鏡やコンタクトをかける
サングラスをかけるのに抵抗がある方は、UVカット眼鏡やUVカットコンタクトをかけることをおすすめします。
先ほど色の濃い薄いは紫外線カットの性能とは関係ないと説明したように、サングラスのように色が付いていない眼鏡やコンタクトでもUVカット仕様のものであれば紫外線をカットすることができます。

・つばの広い帽子や日傘を身に着ける
何もしない場合と比べて約20%~50%程度紫外線をカットしてくれます。

・UVケア目薬をさす
UVケア用の目薬を使うことで、紫外線によって受けたダメージを改善してくれます。

・ビタミンB1などのビタミンB群を補給する
日光を見ていると運動をしていなくても『疲れた』と感じることはありませんか?
紫外線を目に照射した動物実験では、疲労の際にみられる物質が血中に増加することが分かったとか。
この仕組みは人間がストレスを受けた時と同じだそうです。
長時間紫外線を浴びて疲労感を感じたら、豚の生姜焼きやニラレバ炒めなどのビタミンB群を多く含んだ料理を食べることがおすすめです。

目に関する紫外線のまとめ

目からの紫外線によって、肌が黒くなってしまう可能性があること。

また、目自身にも紫外線による悪い影響があることが分かったと思います。

今までにあまり目から入る紫外線についてあまり気にしていなかった方もこれを機に注意してみてください。

但し、くれぐれも長時間であったり、強い紫外線を浴びた場合に起こる現象ですので、紫外線のすべてが悪いわけではないということは頭に入れておいてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする