日焼止めのSPFとPAの違いと選び方のポイントから正しい使い方まで


梅雨明け辺りからあっという間に暑くなり、灼熱の太陽が地上に降り注ぎます。

そんな時期に気を付けないといけないのが『日焼け』です。

適度な日焼けなら問題ありませんが、過度に焼けるとやけどにより皮膚が炎症を起こしたり、しみや皮膚がんの原因になってしまいます。

それを防止するために、紫外線対策に効果的な日焼け止めのSFPとPAの違いと選び方のポイントから正しい使い方までを学習していきましょう。

スポンサーリンク
  

日焼け止めのSPFとPAの違い

日焼け止めにみられる『SPF』と『PA』。

一体何者なのか分からない人のために説明していきます。

それぞれ防止する紫外線が違いますので学習していきましょう。

SPFとは

SPFとはサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略称です。
主に紫外線のB波をカットし、数値が大きいほどその効果は高くなります。
紫外線に当たってから日焼けまでの時間は人によって個人差があり、だいたい15分から20分と言われていますが、SPFの数値はその日焼けするまでの時間を伸ばすと考えてもらえれば良いです。
例えば何もしなければ20分で日焼けする人がSPF30の日焼け止めを塗ると20分×30倍で600分(10時間)、普段の30倍に日焼けするまでの時間を伸ばせるということです。

PAとは

PAとはプロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略称です。
主に紫外線のA波をカットし、『+』の数で効果が変わってきます。
4段階に分かれており、『PA++++』が最も防止効果が高く、『PA+』が最も防止効果が低くなっています。

A波とB波という言葉が出てきましたが、紫外線には種類があり、種類によって肌に及ぼす影響も異なります。詳しく知りたい方は『曇りの日の方が紫外線が強いのは本当か?時間による量と種類や違い』をご覧ください。

スポンサーリンク

日焼け止めの選び方のポイント

SPFとPAが種類の異なる紫外線をカットし、数値が高く、+の数が多いほどその効果が高いことを説明しましたが、高ければ良いというものではありません。

SPF値の高い日焼け止めを使用して、肌がカサカサになってしまった…という経験はありませんか?

SPF値が高いものほど紫外線吸収剤が多く入っており、この吸収剤が肌の水分や油分まで吸収してしまうために肌が乾燥してしまいます。

そのために用途によって適切な数値の日焼け止めを使用しましょう。

〇1日のうち屋外にいる時間が少ない場合
SPF20程度、PA++
室内でのデスクワークがメインで、紫外線を浴びるのが朝の通勤や昼休憩の外出時のみという方は数値の低いものを使用しましょう。
数値を低いものを使用することによって肌への負担を減らすことができます。

〇1日のうち屋外にいる時間が多い場合
SFP30程度、PA++
営業職などで1日に何度も外出し、外回りをする時間が多い方は、やや数値の高い日焼け止めを使用することをおすすめします。

〇1日のうちのほとんどの時間を屋外で過ごす場合
SPF50、PA+++
旅行で観光名所を回る、海に遊びにいくといった浴びる紫外線量が多くなる場合にのみ数値の高い日焼け止めを使用しましょう。
但し、いきなり数値の高い日焼け止めを使用すると肌が荒れてしまう可能性もありますので、普段日焼け止めを使用しない方は少し数値を落とすか、日常生活で試し塗りしてみて肌に影響がないか確認しておきましょう。
数値の高い日焼け止めを使用できない人は、数値の低い日焼け止めの重ね塗り及びこまめに塗りなおすことで代用できます。

日焼け止めの正しい使い方

顔に塗る場合、身体に塗る場合、塗り直しする場合に分けて、日焼け止めの塗り方をご紹介します。

また、使用する必要がなくなったら肌に負担をかけないようきちんと落としましょう。

ウォータープルーフ仕様などの落ちにくい日焼け止めもありますので、クレンジングを使用して落とすこともおすすめです。

〇顔に塗る場合

①日焼け止めを使用する前に化粧水・乳液で肌を整えます。
500円玉程度の量の紫外線を手に取りましょう。
③顔の5か所(鼻、おでこ、右ほほ、左ほほ、あご)につけ、手全体を使って内側から外側へと顔になじませます。
※化粧を行う方は④は飛ばしてください。
④顔全体になじませたら同じ量をもう1度重ね塗りします。
⑤日焼け止めの上に下地、ファンデーションの順で塗っていきます。

〇身体に塗る場合

①身体についている汗などの水分をしっかりとふき取ります
②容器から直接身体に線を描くように塗ります。
③手のひらでらせんを描くように伸ばしていきます。
首の後ろは日に焼けやすい場所なので、特に丁寧に塗りましょう。

〇塗り直しする場合

丁寧に日焼け止めを塗っていても皮脂や汗によって日焼け止めが落ちてしまうため、こまめに塗りなおすことが大切です。
一般的に2~3時間おきに塗りなおすことが推奨されています。
日焼け止めの上から化粧をしている場合は、1度落としてから日焼け止めを塗りなおすか、UV効果のあるファンデーションを化粧の上から塗りなおしましょう。

日焼け止めまとめ

以上が紫外線対策に効果的な日焼け止めのSFPとPAの違いと選び方のポイントから正しい使い方のご紹介です。

日焼け止めの数値が高いものほど紫外線をカットする効果も高いですが、その分肌への負担も大きくなるため、用途によって適切な日焼け止めを使用するようことが大切です。

適度な紫外線は体に悪い影響を及ぼすわけではないので、適切に紫外線と向き合っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする