夏バテの原因と予防におすすめの対策から予防に効果的なカレーの隠し味


夏が好きな人も多いでしょうが、逆に苦手な人も多いのではないのでしょうか?

メラメラと照りつける太陽、もやもやとした空気、歩くだけで汗をかく暑さ、、
それが夏の良さでもありますが、

そんな暑さのせいで『夏バテ』になってしまう人もいますよね。

今回はそんな夏バテの原因と対策をご紹介します。

スポンサーリンク
  

夏バテの原因とは?

夏バテにははっきりとした定義はありませんが、

身体が重い』『食欲がない』『やる気が起きない

そんな症状の方は夏バテしているのかもしれません。

夏バテになる大きな要因の1つが、夏の高温多湿な環境ですが、暑いことだけが原因ではありません。

そのため、なぜ夏バテになるのか原因からしっかりと勉強していきましょう。

夏バテの原因

①暑さによる消化機能の低下
夏の暑さのせいで胃の消化機能が低下すると、食欲がなくなります。
さらに、食欲の低下により食べる量が減るうえに、栄養の吸収率が悪くなるため、十分な栄養を摂取することが難しくなります。
暑さでエネルギーを大量に消費しているにも関わらず、エネルギーの補給が足りないために身体の元気がなくなり、さらに食欲がなくなるといった負の連鎖が続いてしまいます。
また、暑いからと言って冷たい飲み物や食べ物を摂取しすぎることも、胃腸を冷やし、働きを低下させる原因になっています。

②体内の水分とミネラルの低下
人の体温は36度~37度が適切だと言われていますが、気温の上昇とともに体温も上昇してしまいます。
そのため、人は適切な体温を維持しようと汗をかいて体温を調節します。
しかし、汗をかくことで身体から水分とミネラルを排出しているため、身体に必要なミネラルが不足してしまい、脱水症状のような状態になってしまいます。

③屋内と屋外の気温差による自律神経の乱れ
外が暑いからと言って室内と寒くしすぎると温度差が激しいため、体温調節する自律神経が乱れてしまいます。
冷房の効いた屋内から屋外に出たときにめまいやたちくらみを経験したことがある人もいると思いますが、これはまさに自律神経の乱れによるものです。
冷房が発明され便利な世の中になりましたが、そのために自律神経が乱れ、本来体温調節するための自律神経がきちんと働かなくなってしまうのです。

夏バテ予防におすすめの対策

・刺激のある食べ物を食べる
刺激のあるものを食べると胃腸が刺激されて食欲が増します。
具体的にはトウガラシなどが入った辛いものやにんにく・わさび・ショウガなどの香辛料、しょうがやミョウガなどの香味野菜を摂取するようにしましょう。

・旬の夏野菜を食べる
旬の野菜にはその時期に必要な栄養が含まれているため、積極的に摂取するようにしましょう。
代表的な夏の野菜について詳しくは『おすすめ夏野菜の栄養や効果や選び方のポイントから保存方法までのご紹介』をご覧ください。

・こまめに水分補給を行う
汗をかくと水分やミネラルを失ってしまいます。
喉が乾いたと思った時には既に水分やミネラルが不足している状態ですので、喉が渇いていなくてもこまめに水分補給するようにしましょう。
特に水よりもスポーツドリンクがおすすめです。
また、喉が渇いたからといって冷たい飲み物をがぶ飲みするのはやめましょう

・冷房の温度設定を低くしすぎない
屋外と屋内で温度差がありすぎると自律神経が乱れ体温調節がうまくできなくなると原因のところでお話ししましたが、
それを防ぐためには屋外と屋内の温度差が『5℃以内』になるように冷房の温度設定をしましょう。

・睡眠の質を上げてしっかりと睡眠をとる
暑さで疲れた身体を回復させるには、ぐっすり睡眠をとることが大切です。
冷房をつけっぱなしで寝ると疲れが取れにくいため、1~2時間ほどで切れるようにタイマーを設置しましょう。、
また、扇風機を使用する場合は風が直接体にかからないように、壁などに向けるようにしてください。

・軽く汗をかく運動をする
20分程度のウォーキングや軽いジョギングを行うと、冷房で閉じてしまった汗腺が開いて汗をかきやすくなります。
汗をかくことで体温調節が可能になるので、暑い中大変ですが軽い運動するように心がけましょう。

・冷却グッズを使用する
暑い夏の日には熱が身体にこもってしまうため、上手に体の熱を逃がしてあげる必要があります。
冷却シートや冷却用マフラーなどを使用して、首元や足首等の太い血管が通っている箇所を冷やすと効果的です。

スポンサーリンク

夏バテ予防に効果的なカレーに入れる隠し味

カレーは日本人が年間1人84食も食べる『国民食』です。

カレーに含まれる香辛料は発汗を促し、毛細血管を広げて身体の熱を逃がしてくれます。

また、香辛料が胃腸を刺激し食欲を増進します。

よってカレーは夏バテ対策に非常に効果的な食べ物であり、そんなカレーを自分好みのおいしいカレーにするための隠し味をご紹介します。

隠し味のあれこれ

・パンチのある味にするための隠し味
 カレーの隠し味人気ランキング1位でもあるにんにく

・コクをプラスするための隠し味
 みそ、インスタントコーヒー、チョコ

・辛みをプラスするための隠し味
 唐辛子、黒コショウ

・甘みをプラスするための隠し味
 リンゴ、はちみつ、チャツネ、バナナ

・酸味をプラスするための隠し味
 赤ワイン、酢、野菜ジュース

・マイルドな味にするための隠し味
 トマトケチャップ、牛乳やヨーグルト等の乳製品

また、2日目のカレーがおいしいと言われますが、『1度冷やすことにより旨味成分が溶け出してまろやかになること』と『じゃがいもが溶けることで粘度が増し、舌で味わう時間が長くなること』が理由になります。

ただし、夏の暑い時期には菌が繁殖しやすいため、必ず冷蔵庫で保存するように気を付けましょう。

夏バテ予防のまとめ

以上が夏バテの原因と対策になります。

様々な対策をご紹介しましたが、やはり身体は大切な資本ですので、
基本的な生活習慣ですが『適度な運動』『しっかりとした食事』『十分な睡眠』に気を付けて、暑さに負けない身体づくりを心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする