蚊に刺されやすい人の特徴とおすすめの対策からかゆみを抑える方法まで。


暖かくなってくると蚊に悩まされるって人は多いのではないでしょうか?

寝ようとしているときに耳元でなる蚊の音でなかなか寝付けなかったり、
知らずに蚊に刺されていて、かゆくてどうしようもなかったり、
かきすぎて跡が残ってしまったりと、、、

イライラさせられることが多いですよね。

そんな蚊に対抗すべくどのような人が蚊に刺されやすいのか、また、どうすれば蚊に刺されにくくなるのかを学習していきましょう。

スポンサーリンク
  

蚊に刺されやすい人の特徴とは?

周りの人はあまり刺されていないのに、自分だけ明らかに刺される数が多い人いますよね?

どうして好きでもない蚊にそんな寄ってたかられないといけないのか。

でもそれにはきちんと理由があるんです。

蚊に刺されやすい人の特徴を紹介しますので、自分と照らし合わせてみてください。

・血液型がO型の人
実験によりO型の人が最も蚊に刺されやすく、逆にA型の人が最も刺されにくいことが判明しています。
その理由としてO型の人の赤血球の表面に花の蜜に近い物質がついているからと言われています。

・色黒の人や黒を身に着けている人
蚊の色覚は白と黒の2種類しか感知できず、より濃い色を好みます。
そのため、蚊は黒に集まる習性があると言われています。

・汗をよくかく人
汗をかいてちゃんとケアをしていないと、汗に含まれるアセトンに反応して蚊が近づいてきてしまいます。

・お酒を飲む人
アルコールを分解するときに二酸化炭素が多く排出されますが、蚊は二酸化炭素に反応します。
また、ビールを飲んだ後がより蚊を引き寄せるとも言われています。

・妊婦さんや赤ちゃん
呼吸が多く体温が高いのが原因です。
妊婦さんは体温が上がることと呼吸数の増加により二酸化炭素の排出量が増えるため、また、赤ちゃんは新陳代謝がよく体温が高いためより注意が必要です。

・太っている人
単純に蚊に刺される体の面積が大きいということと、汗をかきやすいことが原因になります。

スポンサーリンク

蚊に刺されないためのおすすめの対策

蚊に刺されやすい人の特徴が分かったところで、続いて蚊に刺されないようにするための対策を見ていきましょう。

刺されやすい人はもちろんですが、先ほどの特徴に該当しなかった人も蚊に刺されにくいだけで刺されることはありますので、しっかり対策していきましょう。

・外出する際は長袖・長ズボンを着用する。
少しでも皮膚を隠すことで、物理的に蚊に刺されないようにブロックします。

・虫よけスプレーを使用する。
市販の虫よけスプレーでも非常に効果があります。
但し、外出時等はいいですが、睡眠時に毎日使用するのは刺激が強すぎるためおすすめしません。

・ハッカ油を使用する。
こちらも非常に効果があり、市販の虫よけスプレーと違い、睡眠時にも使用することが可能です。
また、窓や網戸などに吹き付けておくと蚊の侵入も防ぐことができます。

・扇風機を使用する。
蚊は飛ぶ力が弱いため、扇風機の風力でも蚊を自由に飛ばせなくすることが可能です。
また、人を感知する毛状感覚子の働きを混乱させることもできます。

・ボウフラ対策をする
ボウフラとは蚊の幼虫のことで、家の周りやベランダのプランターなどを雨水が溜まったままの状態にしておくと発生してしまいます。
こまめに水を捨てるようにするか、受け皿に10円玉を入れておくとボウフラの発生を抑制することができます。

蚊に刺された場合のかゆみを抑える方法

蚊は血を吸うときに、「人の感覚を麻痺させる」ためと「血が固まらないようにする」ために”唾液”を注入します。

蚊に刺されたら痒くなるのはこの唾液が原因ですが、跡が残るので決してかかないようにしましょう。

でも痒くて放っておくこともできませんよね。

安心してください。かゆみを抑える方法をお教えしますよ。

・かゆみ止めの薬を塗る
かゆみ止めの薬がある場合は、すぐに使用することをおすすめします。
かゆみの抑え、治りの早さなど薬を使うのが最も効果的です。

・患部を冷やす
氷や保冷材などで冷やすことで、蚊の唾液によるアレルギー反応を抑えることができます。

・アルカリ性の石鹸で洗う
蚊が注入する唾液が酸性なため、アルカリ性の石鹸で洗うことによって中和され、かゆみを抑えることができます。

・絆創膏やテープを貼る
空気を遮断することでかゆみを抑えることができます。
但し、かぶれないように30分程度経てば外しましょう。

・塩でもむ
1つまみの塩で5回ほどこすりつけると信じられないことにかゆみが取れます。
塩による脱水効果で、蚊の唾液を抽出してくれるようです。

蚊による虫刺されのまとめ

以上が蚊に刺されやすい人の特徴と刺されないためのおすすめの対策からかゆみを抑える方法のご紹介です。

最近は蚊を媒体にした感染症のニュースを目にすることも多くなってきたため、やはりできるだけ蚊に刺されない方が良いでしょう。

蚊に刺されないための対策をしっかりして、蚊と戦っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする