鳩がベランダに現れる原因とは?撃退する対策とフン掃除での注意点

ある時ふとベランダに出たら、鳩と鉢合わせしてびっくりした経験はありませんか?
春になるとどこからともなくやってきて、私たち人間の領地を奪い、侵略してきます。

神経が図太いのか人間を見ても焦るような感じはないし、
追い払っても何事もなかったかのようにまた居座っています。

私たち人間が生き物の住処を奪ってきたお返しなのか?


いやいやそんな冗談は置いておいて。

フンでベランダは汚されるし、洗濯物を干すところに鳩がいるのって気持ち悪いですし、
もはや社会問題ですよね。

そんな鳩の侵略に対抗するべく、原因と対策、また鳩の危険性を学習していきましょう。

スポンサーリンク

鳩がベランダに現れる原因とは?

よくベランダで鳩を見かけることがあると思いますが、その原因はみなさん自身にあります。
鳩は安全な場所に巣を作るための適した場所を探しています。

そんな中候補に選ばれるのがベランダです。

ベランダは外からは塀で囲まれているため、鳩にとっては天敵に襲われにくい安全な場所です。
さらに室外機の下や植木鉢の裏などはちょうどいい隠れ場所になります。
そんな安全な場所を提供しているベランダは非常に狙われやすくなります。

また、カーテンや窓を閉めっぱなしにしていたり、ベランダで洗濯物を干さない習慣だったりすると
人の気配をあまり感じないためにより好まれます。

そしてなによりやってはいけないことは鳩のフンをほったらかしにすることです。
鳩は安全な場所を確保するために偵察を繰り返します。
そのたびにフンをしていくのですが、そのフンをほったらかしにしているとここは安全な場所だと認識します。
さらに新しい鳩が来た時にもここは安全な場所だという目印になります。

こういった隠れ場所を見つけさせてしまったり、人の気配を感じさせないことが、
鳩を呼ぶ原因になってしまっているのです。

スポンサーリンク

鳩を撃退する効果的な対策

鳩を撃退する方法はベランダにネットを張り、物理的に入ってこれなくすることが有効です。
その際、隙間があるとそこから入ってきてしまうため、隙間なく張っておくように気を付けましょう。

ただ、マンションによってはネットを張ることが許可されなかったり、
外観を損ねるので気になるという方もいるかもしれません。
そういった方には道具を使わない効果的な対策を以下の2点紹介します。

・洗濯機や室外機、植木鉢などをベランダに置かない。
ベランダに物を置いていると、鳩が隠れやすく、巣を作りやすい条件を作ってしまいます。ですので、ベランダに物を置かないことは非常に効果があります。

・マメに掃除をする。
前述で述べたようにフンを放置しているとここは安全な場所だと発信していることになります。よってこまめにベランダを気にして掃除することが大切です。
また、掃除することによって人の気配も感じさせられる効果もあります。
掃除するだけ?と思うかもしれませんが、これだけも非常に効果があります。

尚、ネットなどで調べるとその他の対策として偽物の蛇やカラスをベランダに置くという方法がありますが、
これは最初は効果があってもいずれ偽物だとばれてしまい、効果がなくなります。
ですので、

    ①隙間なくネットを張る
    ②ベランダに物を置かない
    ③こまめに掃除をする

という3つの方法で対策を講じてみてください。

鳩のフンや羽毛を掃除する際の注意点

前述でベランダの掃除をこまめにするのが鳩を撃退するのに効果的だと述べましたが、その際に注意することがあります。

鳩の羽毛やフンにはウイルスや病原菌が含まれている可能性があるため、決して素手で触らないようにしましょう
もし触ってしまった場合はクリプトコッカス症やトキソプラズマ症、鳥インフルエンザなどの病気に感染してしまう可能性があります。

ですので以下のような手順で掃除することをおすすめします。

    手袋マスクは必ず着用するようにしましょう。
    ②いらなくなった新聞紙や布切れなどで取って、そのまま袋に入れてきちんと封をして捨てます。
    ③こびりついたフンは少し水をつけてふやかすか、ヘラなどを使うことで取れます。
    ④フンを取り除いたらエタノールスプレーを吹きかけて消毒します。

これでウイルスや病原菌の心配なく掃除することが可能です

鳩のベランダ対策のまとめ

以上が、鳩がベランダに現れる原因と撃退する効果的な対策、
そしてフン掃除や羽毛を掃除する際の注意点です。

鳩の侵入を阻止するためにもぜひ参考にしていてください。

最後になりますが、鳩の侵入やフン被害に腹が立っても決してこちらから攻撃してはいけませんよ。

鳥獣保護法により、鳩を傷つけたり、捕獲したり、卵を捨てたりするのは禁止されています。
違反すると1年以下の懲役または100万円以下の罰金を課せられてしまいます。

ですので、正当な方法で鳩と戦っていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする