梅雨の部屋干しで洗濯物が臭う原因から部屋干しのコツとおすすめアイテム


ジメジメした梅雨の時期の洗濯って大変ですよね。

雨が続くとどうしても部屋干ししないといけなくなりますが、
部屋干しのあの独特の臭い気になります。

そんな方へ部屋干しで発生する臭いの原因と部屋干しのコツ、おすすめアイテムをご紹介します。

スポンサーリンク
  

梅雨の洗濯物が臭い原因とは

雨の日が続く梅雨の時期はいつ洗濯しようかと悩ましい日々が続きます。

たまにある晴れの日を狙って洗濯できればいいのですが、
どうしても外に干せずに部屋干ししないといけないことが多くなります。

しかし、部屋干しすると発生する独特の臭い。

いわゆる「部屋干し臭」と呼ばれる不快な臭いが発生しますが、
その原因は”汚れの酸化”と”雑菌”です。

洗濯しても100%汚れや細菌が消えるわけではありません。

部屋干しは天日干しに比べて乾きにくいため、衣類が水分を含んだ状態を長く生み出してしまい、そのような湿気の多い環境は、皮脂や汗による汚れの酸化雑菌の繁殖を促します。

また、日光による殺菌効果が期待できないことも臭いを助長してしまう原因になっています。

梅雨の部屋干しのコツ

洗濯物が乾きにくく、衣類が湿気の多い状態が長く続くことが、臭いの原因になっていることが分かったので、それを解決するには部屋の中でも早く乾燥させる必要があります。

よって、早く乾かせる部屋干しの『コツ』をご紹介します。

・こまめに洗濯をして、洗濯物を溜めこめない
洗濯機に洗濯物を詰めすぎると洗浄力が落ちてしまい、臭いの原因である汚れが十分に取れません。
また、天日干しできない梅雨の時期には汗や皮脂などを含んだお風呂の残り湯ではなく、きれいな水を使うことをお勧めします。

・洗濯物の間隔をあける
空気に触れる面積を大きくすることで、水分がより蒸発していきます。
よって、濡れた洗濯物同士が引っ付かないように干すことが大切です。

・洋服は裏返して干す
空気に触れにくい内側は外側に比べて乾きにくくなっています。
そのため、生地が重なり合っていて乾きにくい洋服の縫い目は、裏返して外側に出した方が良いです。

・タオルは片方を長くして干す
ちょうど半分に折るより片側を長くした方が空気に触れる部分が大きくなるため、早く乾きやすくなります。

・空気の流れが起きるところで干す
空気が循環することは乾燥に不可欠です。
よって、部屋の中でも風通しの良いところや換気扇が付いているお風呂場などがおすすめです。

梅雨の部屋干しおすすめアイテム

続いて部屋干しの時に使えるおすすめアイテムのご紹介です。

①扇風機
風は水分を蒸発させるのに大きな力を発揮するので、
扇風機を使って部屋の中で人口的にを発生させてあげます。

②除湿器
梅雨のジメジメした時期は部屋の湿度が高くなり、水分が蒸発しにくい環境になります。
中でもヒルナンデスでも紹介された『三菱衣類乾燥除湿機』はおすすめです。
センサーがまだ乾いていない衣類を判断して集中して風を送るという便利機能が付いています。

③消臭剤
干す方法に気を付けてもまだどうしても気になるという方は消臭剤で臭いを消してしまう方法もあります。
中でもおすすめは『ヌーラ』。
衣類や布団など幅広いものに使用でき、94%という高い消臭率もおすすめの点です。


梅雨の部屋干しの臭いに関するまとめ

以上が部屋干し臭が発生する原因と部屋干しのコツ、おすすめアイテムのご紹介になります。

梅雨のジメジメとした時期には天気だけでなく、気分が晴れないこともあると思います。

しかし、快適で気持ちの良い部屋干しを行うことで、少しでも気持ちをスッキリさせましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする