五月病になる原因と症状とは?なりやすい人の特徴から対策と予防まで。


主にゴールデンウィーク明けごろから発病する確率のある”五月病”。

誰しもがなる可能性を潜めています。

入学や就職、異動など新しい環境になかなか適応できない場合などにストレスが蓄積し、
うつ病に似た症状を伴います。

そんな五月病の原因やなりやすい人の特徴、それを知った上での対策をご紹介していきます。

スポンサーリンク
  

五月病の原因と症状とは

五月病の主な原因は「ストレス」です。

決して五月のみに発病するとは限りませんが、
ゴールデンウィーク明けごろに発病することが多いため、このような名で呼ばれています。

4月は入学や就職、異動や転勤など様々な変化があり、様々な新しい刺激があります。

人は安心できる慣れた環境だとそれほどストレスは感じませんが、
新しい変化に適応することは非常に労力を費やし、ストレスを感じるものです。

そんな中で新しい環境になり、気を張り、気合を入れすぎた反動で突然やる気を失くしてしまったり、慣れない環境での生活に不安や緊張感を感じ、少しずつ蓄積したストレスが爆発することによって起こってしまいます。

五月病の症状としては主に、

・夜寝れなくなったり、朝起きれなくなる
・無気力でやる気が出なくなる
・食欲がなくなる
・家を出ようとすると胸が苦しくなる

などがあります。

スポンサーリンク

五月病になりやすい人の特徴

五月病の原因と症状をご紹介してきましたが、
続いては五月病になりやすい人の特徴をご紹介していきます。

~五月病になりやすい人の特徴~

・真面目
・几帳面
・責任感が強い
・完璧主義者
・感情を表に出さない
・周りに合わせる

これらに該当しなければ五月病にならないというわけではありませんが、
該当する方はなる可能性が高くなるので、あらかじめ予防しておくと良いでしょう。

五月病の対策と予防

五月病はストレスが主な原因となるので、
ストレスが溜まりすぎないようにこまめに解消することが大切となります。

また、ストレスには身体的なものと精神的なものの両方ありますので、
心も体もケアしてあげる必要があります。

これらのことを考慮しておすすめの対策と予防策をご紹介します。

・時には思うようにいかないこともあるということを認識する
完璧主義者、真面目で几帳面な人は少し思うようにいかないと人よりストレスを溜めがちです。思うようにいかないこともあると割り切ることも時には必要かもしれません。

・体を動かしてリフレッシュする
汗をかくことで体に溜まった老廃物が排出され、気分がすっきりします。また、有酸素運動にはストレスの緩和や発散といった効果が期待できます。

・自分にご褒美をあげる
好きな服を買ったり、おいしいものを食べに行くなど頑張った自分へのご褒美をあげることで、自分を追い込みすぎず、また気分をリフレッシュされることができます。

・簡単な目標を設定する
高い目標を立ててそれに向かって頑張ることは素晴らしいことですが、
目標が高ければ高いほどプレッシャーがかかり、負担も大きくなります。
小さな目標立て、少しずつクリアすることによって自分を追い込みすぎず、
目標を達成する喜びを感じるとともに、自分に自信を持てるようになります。

・自分の好きなことに没頭できる時間を作る
本が好きな人は本を読む時間を作ったり、歌うことが好きな人はカラオケに行ったりと、
自分の好きなことをすることでセロトニンの分泌が活性化されます。
セロトニンとは「ノルアドレナリン」「ドーパミン」と並んで、人体の重要な機能に深く影響を与えている三大神経伝達物質の一つで、『幸せホルモン』と呼ばれており、精神的な安定をもたらします。

・セロトニンを増やす
先ほどご紹介したようにセロトニンは精神を安定させる上で必要不可欠なものです。
セロトニンを増やすために以下3つの行動を日頃から心がけましょう。

①太陽の光を浴びる
②早寝早起きの規則正しい生活リズムを心がける
③家族や恋人、親しい友人などと話したり、スキンシップを取る時間を作る

五月病に関するまとめ

以上が五月病の原因やなりやすい人の特徴、対策と予防策のご紹介になります。

対策と予防に関しては様々ご紹介しましたが、効果のほどは人それぞれ違うと思います。

ですので、自分に合った対策を見つけてみてください。

五月病になる原因と自分に合った対策を知ることで、事前に対処していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする