やる気を出すコツ

試験に対して短期目標を設定する方法

更新日:

勉強を例として短期目標の分析をどうするか?を紹介します。

この記事はこんな方におすすめです。

・試験があるのに短期目標の設定方法が分からない

・模試がない場合に、数字での分析方法を知りたい

短期目標の設定で大事な事として、

短期目標の設定方法ですが、始めたばかりの頃は自分の説明書というものが

分からないので、思いつく事柄を設定するようにしましょう。

まよったなら、youtubeで検索したり、資格や勉強であれば

Amazonで勉強を探して、試してみるのもいいです。

私が試して効果のあった勉強法です。

東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法

新品価格
¥1,512から
(2019/3/2 12:04時点)


最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

新品価格
¥1,512から
(2019/3/2 12:13時点)

問題となるのは勉強法が自分に適しているかを確認することです。

資格であれば、過去問でいいですが、模試があればそこで数字として

自分の成果を確認することが大事です。

・模試のような数字で評価できるもので確認する

・一定時間で何問できたかを評価とする

・一定問題数を何分でできたかを評価する

模試がないものであっても、一定の量を何分で解くことができたか。

といったことを数値化するという手もあります。

この世で数値化できないものはない。なんていう人もいますが、

本当にその通りで、無理やり数値で表すことも大事です。

数字で表すことが癖になると仕事でも上手くいくことが多いです。

一定時間でも問題数が1でも増えたら、一定問題数の解く時間が1分でも早くなったら成長したということです。

成長を感じたときでも、感じなかった時でもセルフイメージの強化は大事です。

【私は今日も問題を1問多く解けるようになった。昨日の自分のとは違う】

スポンサードサーチ

この文を唱えましょう。勉強は模試や本番の試験で結果がでなければ、

モチベーションを維持するのは難しいです。

今日やっている内容にどんな意味があるのかを実感しにくいです。

最初はやる気があっても、どんどんやる気が低下してくるような場合は

行動の意味がどこかへ行ってしまっているかもしれません。

【大学受験で成功して、自由な生活を手に入れ、好きなことをして生きていく】

なんていう長期目標を思い出してみましょう。

長期目標があなたの一歩を踏み出す力になります。

長期目標の設定については他の記事で説明しています。

セルフイメージについても同様に調べてみてください。

-やる気を出すコツ

Copyright© パッと身につく継続できる習慣を作るコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.