結果を数字で表現して、隠れた大きか効果を探すコツ


こんにちは、

習慣化に向けて続けていく小さな目標を決定しても、

その小さな目標が自分に合っているのか、効果が出ているのか。

これは重要なことです。誰もが時間を無駄にはしたくありません。

この記事では何度も書いていますが、小さな目標の大事なことは

具体的に決めるといったことです。

何を、どれだけ、どの期日までこなすといった内容です。

この小さな目標は多い方がいいのですが、

まだ、本当の習慣を作った人がないことによってはきついと思います。

まずは、一つだけ小さな目標を立てましょう。

家に帰ったときに机の掃除を5分行う。

こんな簡単なことでもいいと思います。

これを見ると、え?となると思います。

これをやってどうして人生が成功するのか?

しかし、その判断はあなたがすることです。

これは本当に価値があるものなのか?

いきなり、引き離してしまったようですみません。

でも、机の掃除だけでも、得られることがあると思います。

まず、決めた時間からストップウォッチを動かします。

スポンサードサーチ

5分で掃除がどれだけできるのか?

かなり掃除内容は限定されてしまうと思います。

今日は5分で本を整理整頓した。最初はこれだけでしょう。

しかし、5分間の机掃除をもっと研究するわけです。

5分でどうしたら、多くのことがこなせるのか。

これを究極に突き詰めれば、そのときに潜在能力が出てきます。

様々な人間の思考によって知恵が生まれてくるんですね。

まずは、掃除道具を見直していたりすると、

整理整頓や掃除に便利なアイテムを思いつくことだってあります。

どんなものでも、極めようとして研究すれば、成果が出るのです。

雑用は雑にこなすから、雑用と呼ばれるという言葉があります。

世の中の成功者はくだらないことでも、突き詰めていきます。

スポンサードサーチ

そして、人々が必要としているものを察する能力が高いのです。

ただし、重要なことはここからです。

その成果が自分の最終目標までの道のりに適していないと感じるなら

目標を変更する必要があります。それもあなたの選択です。

そのためにも、期間を定める必要があります。

期間が終わればそこで査定をします。

本当に自分に適しているかです。

例えば、私は一ヶ月間、机の掃除を5分行う。といった感じです。

価値ある目標を見つけるまで、ずっと継続させるという目標はやめておきましょう。

続けるにしても、ある期間で区切るのです。

そして、達成できた場合には少しハードにしてみましょう。

5分を4分に短縮して同じ量をこなすといった形でいいです。

文章の最初は必ず『私は』というのをつけてください。

これは宣言文だからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA