経験したこと!習慣ができた時にできる感覚を紹介します。

こんにちは

習慣を作った後にどんな現象が起こるかを説明します。

習慣化が完了した時に、起こることは常に先んじようとする心です。

習慣化された行動をすぐにこなしたいといった心が出てきます。

ここまでくると、思考が完全に足し算の考えに移行しています。

今日やれば、また一歩前進できるといった考えです。

もし、計画した行動が5分でも行えなかったとしても、

5分でもこなそうとした自分を褒めるといった思考に変化します。

忙しくてもやるといった姿勢が無意識に出てくるのです。

また、その時期がまた続くのですが、慣れてくるともう一歩先に出たい気持ちが出てきます。

今度は、今やっていることをもっと早く、正確に!といった考えや、

ちょっとハンディを負った状態でやってみようといった思考です。

この考え方が大きな成長を生み出します。

スポンサードサーチ

これをやろうと決意し、工夫することで自分の中に潜んでいた潜在能力が

発揮されるからです。習慣を作り、負荷をかけていくといった行為を

繰り返していくうちに自分という人間が分かってきます。

無理だと感じることをやろうとした時に、脳の中のより自分の思考に近い場所

の引き出しが開けられるからです。

人それぞれ脳の引き出しの構造は違っています。

なので、大きな目標や小さな目標、そして価値観といったものが

人間の道を作っているわけです。

脳が道を作るわけですが、実際にその道を選択するのは自分自身です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA